ファームウェア

binary.png

ファームウェアの書き換え手順はコチラを参照。

下記のファイルにアクセスできない場合は

ダウンロード

  • 2014/8/26 v1.13

    • MOVコンテナのファイル(.mov .m4a .mp4等)の読み込みを改善しました。


shasum 6c9885c11a203a5e2f68e5d54a28e022e5cf364c
md5 f55c872feb4858d8044c2844626e27c4


  • 2014/3/7 v1.12

    • 非圧縮動画が再生できるようになりました。Motion Exporter v0.5で書き出しできます。
    • 動画再生の一時停止画面の右上アイコンから動画の詳細が表示できるようになりました。



  • 2014/3/1 v1.11

    • USBマスストレージ機能で4GBより大きい容量のカードを使うと起こる不具合を解消しました。



  • 2014/2/9 v1.10

    • フラッシュメモリに基本ラテン文字までカバーするPCFフォントを内蔵しました。Settings->Filer->External Fontにて内蔵フォントまたは外部フォントの切り替えが可能。
    • ファイルテーブル作成ルーチンを改良しました。これによってディレクトリ内で扱えるファイル数がFATの仕様の上限エントリ数まで増えました。



  • 2014/2/3 v1.9

    • シャッフル再生機能を追加しました。
    • Settings->CPUにCore Temperature(コア温度測定)を追加しました。
    • CPU周波数の項目225MHzを削除しました。



  • 2013/6/12 v1.8





  • 2013/6/5 v1.7

    • USB OTG Mass Storage Class機能を追加。ホストPCからSTM32F4-DiscoveryボードのマイクロUSBコネクタにケーブルで繋いで本プレイヤにSDカードを装着したままファイルの読み書きができるようになりました。




  • 2013/5/27 v1.6

    • CPUクロック切り替えがうまくいかない問題を解消
    • ファイル読み込み関数の改善




  • 2013/5/25 v1.5

    • CPU Clock Frequencyに新たに240MHzを追加。CPUクロック切り替え成功後にコンフィグを保存するルーチンに変更。
    • WAVファイルのモノラルが再生できないバグを改善
    • LCDバックライトのバグを改善
    • ファイラのメニューバーを手直し




  • 2013/5/23 v1.4

    • 起動時にMCUリビジョンを読み取りRev. Zだった場合はFLASHプリフェッチ(ART Accelerator)を有効にします。
   これにより性能が数パーセント向上します。MCUリビジョンはSettings->About Motion Playerで確認できます。
    • WAVファイルの読み込み改善
    • 音楽再生画面のアートワーク鏡面反射のデザイン変更




  • 2013/5/8 v1.3

    • 音楽再生画面のFFTアナライザの右バーをタップすることでバータイプをSolid, V Split, H Split, Wideの中から選べるようにしました。
   また左バーをタップすることで色のデザインも選べます。
    • 音楽再生画面のデフォルトアートワークのデザインを変更




  • 2013/5/6 v1.2

    • 音楽再生画面のDSPアイコンの位置微調整
    • 音楽再生画面のアートワークに遠近効果を追加
    • フォルダ内ループ・送り再生の安定化




  • 2013/4/20 v1.1

    • 動画再生時のUIを変更(音楽再生時のUIと統一)
    • 動画再生終了間際のフレーム欠落問題を解消
    • My FATの改善(フラグメンテーションが含まれるファイルの読み込みエラー改善)




  • 2013/4/10 v1.0

    • 最初のリリース


  • 最終更新:2014-08-26 22:10:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード